にちりんトークンについて

ロゴ
2018/4/1  改訂
2018/1/29 作成

1・要約
『にちりんトークン』は、Waves platformにより発行されたカスタムトークンです。
様々なクリエイターの方々と顧客をマッチングさせる事を目的としています。
特定のサイトにて、顧客は必要に応じてクリエイターの作品を、『にちりんトークン』で購入し、
基本的に同サイト内でのみ使用することを可能にします。
にちりんトークンは、Waves platform内の分散型取引所(DEX)にて、Wavesコインとの相互交換が可能です。
また、マッチングさえ合えばビットコインやイーサリアムなどにも交換することが可能。



2・問題提起
昨今、インターネット普及率が90%(グローバルネット調べ)を超え、
パソコンや周辺機器・ソフトウェアなどの進化により、デジタルアートや音楽作品を
制作する環境が整い、誰でも気軽に作る事が出来る時代になりました。
しかしながら、いくら満足のいく作品を完成させても、プロの方々が第一線で活躍する中
自分の作った作品が日の目を見ることがなかなか難しい世界です。
作品を世に出そうと仲介サイトを利用すると、中間マージンが発生し、売り上げの2割~3割が
手数料として搾取されることは珍しくありません。
結果として、クリエイターのモチベーションを下げることになり、
積極的な活動ができない現状が作り出されています。
そんなクリエイターや作品たちに、光を当ててあげたい という想いから今回のプロジェクトを考えました。



3・解決策
にちりんプラットフォームと称し、『にちりんトークン』を使用して様々な作品を購入できるサイトを作ります。
①クリエイターが自由に商品を登録できるマーケットプレイス型のデジタル素材販売サイト
②画展・劇団・コンサートなどのチケットを販売から入場管理まで行えるサイト
など、他にも使える場所は拡張していく予定です。
そして、最終目標として、オンラインコミュニティサイト「にちり(仮)」を立ち上げます。
様々な方法でユーザー間のコミュニケーションを促し、情報交換などに役立てて頂く予定です。
ここでは、すべてのユーザーがプロフィール画像を持つことになります。
プロフィール画像は、ファイルをアップロードして貼り付けるのではなく、
サイト内で使用できる複数のアイテムを組み合わせて作成します。
作成したプロフィール画像に、投げ銭(チップ)をしたり、定期的にプロフィール画像のコンテストなどを開催し、
優秀作品には『にちりんトークン』をプレゼントする企画などを考えています。
ここで使用するアイテムは、『にちりんトークン』を使用し申請して自作する。
もしくは他のユーザーの方が作成したものを、『にちりんトークン』で購入します。
プロフィール画像から、使用されたアイテムの製作者情報を確認することが可能で、
そこから製作者様の作品一覧ページへ移動することができます。
製作者様の作品一覧は、そのままポートフォリオとなり、見に来た方に興味をもって頂くきっかけとなります。
もちろん、そこでお仕事の依頼が入る なんて可能性もあるかもしれません。
現段階で実装可能かはわかりませんが、理想としては個別に依頼を受けてサイト内からダウンロードして
外部で使用できる作品を納品する機能なども実装できればと考えています。
にちりんプラットフォームで発生する手数料は、販売申請時に登録料として『にちりんトークン』を頂きますが
作品が購入された場合、手数料はかからず販売額の100%にあたる『にちりんトークン』が販売者へ支払われます。



4・なぜWaves platformのカスタムトークンなのか
Wavesは2016年4月に取引開始されたばかりの発展途上な通貨です。
現段階では、実装されている機能は十分とは言えませんが、公開されているロードマップでは
2018年中にスマートコントラクト機能が実装される予定です。
これが実装されれば、にちり(仮)は機能すると考えています。
『にちりんトークン』を管理するWaves walletはブロックチェーン上に存在している為、
不正アクセスができず、複雑な秘密鍵によるセキュリティが強固で、
普段使用している機器以外からはログインできないようになっています。
Wavesや、『にちりんトークン』を売買する分散型取引所(DEX)は、
中央集権取引所と違ってハッキングされる心配もありません。

なにより、一番大きいのは、中間管理者がいないことによる手数料の安さ。
せっかく自分の作品を買って頂いても、手数料で数十パーセントも取られてはモチベーションも下がってしまいます。
ですが、にちりんプラットフォーム内で『にちりんトークン』を使い取引すれば、
手数料は0.001 waves(2018年1月現在の日本円で1円程度)しかかかりません。(※送金手数料から算出)
今後この手数料も同トークンで支払う事ができるようになる可能性は高いと考えております。



5・投資としてのトークン
『にちりんトークン』は総発行量10億枚。
追加発行は致しません。
そのうち5000万枚は無料配布(5万枚x1000名)
運営→ユーザー→クリエイター→運営 と同トークンがめぐる事により価格上昇が見込めます。



6・ロードマップ
2018年
・デジタル素材販売サイト運用開始
2019年
・チケット販売サービス開始
・海外取引所へ上場
2020年
・にちり(仮)運用開始
・国内取引所へ上場